2017年03月20日

花蓮 の 街角 で

「 台湾を訪れる日本人でこの地に来るのは1割くらいかな ・・・ しかも初めての海外で、全ての旅行手配を自分で ・・・ とは !! 」
花蓮の駅から宿まで歩いた後、オーナー(日本出身)の言葉でこの旅は始まった。

「 海外旅行に特別の興味は無いけど、行くなら パック旅行 はゴメン ! 」
との長年の想いが、思いがけずに実現した。
それは、台湾からの高校生を二回受け入れた民泊直後の一連の流れの中で ・・・
彼らの人柄と、紹介してくれた台湾の観光地等々を見聞きするうちに 《 彼らと同じ空気 》 を吸ってみたくなったのである。

地図を眺めていたら、「 東海岸で太平洋を眺めてみたい !! 」
ただそれだけの理由で花蓮行きを決めてみたら、後から 《 花蓮といえば太魯閣 》 という位に超有名な観光地の存在を知った ・・・ 何とものんきな話ではある。

期せずして、太魯閣とその周辺を案内してもらった。 ( 太魯閣は中国からの観光客でひどく混雑するらしいから行きたくない ・・・ と話したら、現在は全くそのような事は無い、というオーナーの勧めで )
太魯閣とその周辺地域は、50年間に亘る日本統治が、ある意味で成功するための出発点になった重要な場所であったとの事。
車の中で聴くオーナーの話は、又と無い貴重な時間を提供してくれた。
そして、原住民との関わりについての台湾統治時代の史実は、耳を疑いたくなる程の衝撃を伴って自分の記憶に留まった。

宿に泊まった二日目は自転車を借りて “ 七星潭 ” へ

014.jpg

008.jpg

花蓮の小さな交差点に面した “ 田舎カフェ ? ” 

048.jpg

047.jpg

このお気に入りのカフェで、笑顔の素晴らしいオバチャンが作った “ チマキ(の様なもの) ” を朝食に食べた。
( 台湾の人たちは、朝食としてこのような所で外食をするのが日常らしい )

三日目は太魯閣へドライブ
高さ600m x 幅数Km の断崖絶壁は到底カメラには収まらない。
これは、眼下の深い谷底

039.jpg

龍山寺 : 台湾で最も古い寺 (台北駅から地下鉄で2駅)
線香を手にした多くの信者に囲まれて、シャッターを押すのがはばかられる。

052.jpg

統治時代に造った煉瓦の建物群 (台北街歩きの途中で)
長い回廊が続く

055.jpg


ラベル:DIY
posted by わかちゃん at 11:52| Comment(0) | 遊び | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。