2014年01月07日

子供たちに沢山の体験を!!

普段の生活と違った体験を子供たちにしてもらいたいという一つの思いが、昨日、実現できた。
学童でお世話になっているボランティアの縁で、「我が家体験」 をしてもらった。

朝 10:30 歩いて我が家へ到着。
6年生の男子2名、女子3名。指導員の方1名。

10時のおやつとして、前日、薪ストーブで焼いておいた手作りパンを

001.jpg

畑で採れたルバーブとイチゴのジャムで味わってから作業開始。

まずは4皿分のピザ生地つくり。
発酵による膨張を充分に実感してもらうために、ドライイーストを通常よりも多めに!

子供たちには、コネコネ仕事は泥んこ遊びの延長みたいだ。
どの子も自分でやってみたい!

発泡スチロールの箱の中に4皿分を入れて一次発酵を待つこととする。

一次発酵が終了するまでの間は薪割り体験。
当初はマサカリの持ち方さえ判らなかったのに、10分もしないうちに腰の位置も定まって来て、かなり様になってくる。
何でも、やってみれば、あるいは、やらせてみれば、それなりに出来るのだ。

「最近の子供は、成功体験が少ないから自信を持てないでいる傾向にある」 とは、指導員の話。

薪割りに成功した子供たちは、「ピザは後でいいから、もっと続けたい」 という始末!

子供たちの喜びと満足の様子を見て、指導員の方が、むしろ喜んでいる!
1年生から見守ってきた指導員としては、感無量なのかもしれない。

部屋に帰って、ピザ生地の膨れ具合に一同ビックリ!!

トッピングは全て子供たち任せ。
なんと150gの小麦粉を使ったピザを4枚平らげてしまった。

ピザはアツアツに限る。
だから我が家のピザは間違いなく美味しい・・・とは、自己満足!?
しかも、ピザの底が焦げ難いように工夫してあるのだ!!

うす暗くなってからの帰り道。
途中まで送っていきながら、

30年前くらいまで現存していたという 「川の渡し跡」 を案内した時に見つけたのが、この 「サイカチの実」 

003.jpg


「昔の人は、この実から発生する泡で髪の毛を洗った」 という話を聞かせると、子供たちはいくつも拾って袋に詰めた。

今頃、泡を作って実験しているかもしれない。

子供たちは、楽しめる環境があれば何でも遊びに代えてしまうようだ。

将来を担う子供たちには、もっともっといろいろと体験してほしいものである。


ラベル:DIY
posted by わかちゃん at 18:35| Comment(0) | 遊び | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。