2017年01月18日

寒じめ ホウレンソウ

屋根の軒から伸びる雪の後の “ つらら ” ・・・
少なくとも今から半世紀前には、( 地球規模のデータからは、その時点で、既に温暖化はかなり進んでいたらしいのだが )
ここ埼玉県の山間部では “ ふつう ” の景色だった。

溶け残った畑の雪を眺めながら、そんな光景がふと思い出によみがえって、
一方で、さまざまなメディアを通じて “ 温暖化情報 ” が目耳に触れて ・・・

我が家の畑はこの冬も凍結しているのだろうか ?? ・・・

はたして、今日、ホウレンソウを収穫に行ったら、カチンコチン !!
いつもの冬と同じ様に、鍬(クワ)が凍った土に全く歯が立たないのです。

ひと安心 ・・・ です。
やはり冬は冬らしく、寒くなって欲しいのです。

これぞ本物の “ 寒じめ ホウレンソウ ”

003.jpg

少し手間はかかっても、風呂の湯をバケツ一杯、土に浸み込ませ、ようやく掘り起こしました。

葉にも根っこにも糖分を精一杯蓄えて寒さに耐えた一品は格別なのです。

話は変わって、
暖冬の気圧配置は、この地方に重たい雪を多量に運んできます。
そして、この冬も多くのリスクを予感させるのです。

雪のいたずらによる枝折れに備えて、
水平方向に伸びた “ ヤマボウシ ” の枝をまとめて、垂直方向に縛ってみました。

001.jpg

002.jpg

かなり素人っぽくて横着な手段ですが、少しでも効果があれば ・・・ と。




ラベル:
posted by わかちゃん at 14:39| Comment(0) | 食と農業 | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

いちご の 収穫を願って

昨夜の皆既月食は見られなかったけど、西の山並みにその満月を眺め、テレビ映像で見た赤銅色の球体を思い浮かべながら、朝食前の草取りです。

「 早起きは三文の徳 」 という言葉を長年、耳にしたような気がしません。
私が幼いころ、父が 「 朝づくり 」 に行ってくる・・・ と言って、よく、朝飯前に出かけた様子を思い起こしながら、
ふと、自分も似てきたのかな? ・・・ と。

ところで、現在、私の勤める地方では、「 朝づくり 」 ではなく 「 朝っぱか 」 と言うそうです。
朝の仕事は 「 はかどる 」 ・・・とでもいう意味でしょうか?


雑草に覆われてしまう前に、イチゴの絨毯で埋め尽くしてしまおう・・・という、無謀で何とも横着な我が家の 「 2nd ガーデン計画 」 のおかげで、昨年は、その副産物として ジャムが沢山作れて、お遣い物におおいに役立ったのです。

夢を再び ・・・

桜の花びらを踏んで、

002.jpg

いちごの存在を疑うほどにしてしまったほどの枯草を除いて、雑草を抜くと、1時間ほどの作業で、1から2坪のイチゴ畑が姿を現します。

003.jpg

川霧を裾に巻いた山を眺めながら、My SAKURA の下での草取り作業は、それなりに気分の良いものです。

畑から帰ったら、
玄関の花 ・・・ 雑然と!
庭から採ってきた  “ミツバツツジ”  “椿”  “しだれ桜”

001.jpg



↑Please give me a click if you like today's posting.
 Have a nice day♪

ラベル:
posted by わかちゃん at 09:06| Comment(0) | 食と農業 | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

ブルーベリー と 梅干し

ブルーベリーが好む土壌は、PH5~6が良い ・・・ という説があります。

そんな訳で、常識的には 「 ピートモス 」 を土に混ぜて使うようですが、私の場合、昨年の秋、大胆にも、梅干しを幹の廻りにばらまいてみました。

20年来、食べられずに眠っていた、実生の梅でつくった梅干しが縁の下から見つかったので、その片付けをしながら、
少しは酸性の土壌つくりに寄与するかな?
でも、塩分の悪影響はないかな? ・・・ と、心配しながらも。

その効果があったかどうか?

実の出来具合は、いつもの年より良いようにも見えます。

001.jpg

ジャムにするほどの収穫はありませんが、なんといってもこの時期の楽しみは、畑に出かけた時の “つまみ食い” なのです!!



ラベル:DIY
posted by わかちゃん at 17:48| Comment(0) | 食と農業 | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

「ルバーブ」 の成長

昨年の8月29日に 「 ルバーブ 」 についての投稿をして以来、2度目の記事です。

「 ジャムの作り方について 」 は後の機会に譲るとして、今日は、その生命力の凄さについて ・・・

一面冬枯れの畑に、突然、・・・ 全く、突然! テニスボールが地中から?? 
その光景は、毎年のことながら、一種の感動をもたらせてくれます。

茎の太さは3cmくらい この部分からジャムができます
001.jpg

まるでタケノコの成長の速さを見る様で、
5月の連休には、一回目のジャム作りが出来るのです!!
そして、ジャム作りは、七月、九月、と続きます。

酸味の効いたルバーブジャムは、まだこの地方では珍しく、三年ほど前から
「 ルバーブ知ってる? 」 と、少しばかり得意げに言いながら、多くの人に味わってみてもらっていました。
その結果、熱烈なファンが出来てしまい、その種や苗を譲ることになったのです。

鈴なりに実った種と、幅50cmもあるような大きな葉っぱ
002.jpg

通常は、種で増やす場合、前の年に実った種を五月の初め頃に蒔くのが良さそうですが、
今年は、試しに、今年実った種を六月初めに蒔いてみました。

今日現在、これだけしっかりと成長しているので、このサイクルでの種蒔きもあり、かもしれません。

003.jpg

種で増やす方法の他に、一般的な増殖方法は 「 ぶんけつ (この漢字が辞書で見つかりません) 」が適当 ・・・ と言われているようですが、この方法ではかなり手間がかかります。
・・・ が、種蒔きからの成長が簡単そうなので、当初に考えた、「 草取りの必要のない2ndガーデン 」 作りに目途がついたような気がします。

でも、「 ルバーブジャム 」 は、我が家の場合、専らの副産物!

とはいっても、「 主役 」 に躍り出そうな副産物でもあるのです。

珍しさと共に、その味を、多くの人に喜んでいただけるのが何よりです!!


ラベル:DIY
posted by わかちゃん at 10:23| Comment(0) | 食と農業 | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

「ルバーブ」 ってご存知ですか?

畑の周囲に 「果樹と花の園」 があったらいいな!!との願望のもとに、いざ始めてみると、雑草との戦いが待っていた。

草取り作業の時間を極力抑えようと、いくつかの 「グランドカバー」 を試している。その中の一つが 「ルバーブ」 だ。「ルバーブ」 の旺盛な繁殖力に期待してのことだが、種を蒔いてから3年目になるが、未だ 「グランドカバー」 としての地位は確立していない。一方、種を初めて蒔いた年の夏に、「ルバーブジャム」 の存在を知った! 

この地方ではこのジャムの存在を知っている人は今でも少ない。稀に店頭で見つけると、かなり高価なのである!

002.jpg

ルバーブの茎を1~2cm に切って砂糖にまぶす。この状態でひと摘まみすれば野趣豊かな「甘酸っぱさ」が口にひろがる。そして、1日も放置すれば、ジャム作りに十分な水分が茎からしみ出す。

003.jpg

今年3回目のジャム作りの成果はこれだけ・・・。近所のルバーブファンや我が家へのお客様にさし上げられるのが小さな楽しみでもある。

posted by わかちゃん at 18:31| Comment(0) | 食と農業 | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

今日の収穫、そして、食べ方と保存方法

ニラの花が咲いてしまう前に、花芽だけを収穫しました。茹でてからマヨネーズなどで合わせれば貴重な珍味です。
007.jpg

バジルの葉が柔らかいうちに、これを乾燥させて (天日と電子レンジ) から粉末状にして保存しておけば、「我が家ピザ」に最適です。
006.jpg

ミョウガは1回分5個くらいにまとめて個包装してから冷凍すれば、冬になっても独特な味が楽しめます。
008.jpg




ラベル: 野菜の保存
posted by わかちゃん at 10:53| Comment(0) | 食と農業 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。